法人タブレット導入について

subpage1

法人でタブレットを導入する場合、タブレットの機種選定に思いが先走ることと思います。

ビジネス用のタブレットの特徴についてをいくつか紹介しています。

しかしながらタブレットは無線環境での接続が前提となります。
そのためWifi環境を整えることが必然となりますが、この観点に気づかないでいると法人の利用環境下ではタブレットを揃えたもののネット接続が問題となり思うように活用できず、Wifi環境の準備に必要な予算も確保できないということも考えられますので、注意が必要です。
さて、Wifi接続環境ですが、法人の社内LANに接続し、社内LANからインターネットに接続する環境を確保するケースと、モバイルWifiルータなどを用意し、直接インターネットに接続する環境を用意するケースの2パターンがあげられるでしょう。

マイナビニュースに対して関心度が高まっています。

後者の場合のセキュリティの確保は個人に委ねられるところが大きいかもわかりませんが、社内LANに接続するWifi環境を用意する場合は、個人が所有するスマートフォンなどからの接続はできないようにする、社内の社屋のどこに移動しても接続環境が確保される。


こうした条件を満たす必用があるでしょう。



法人の社内LANにWifi環境のアクセスポイントを複数用意し、ローミングと呼ばれる方法で途切れることなくアクセスポイントにアクセスできるようにするには、アクセスポイントを管理する仕組みをもった環境構築も必要となるでしょう。

こうした環境面の考慮すべきポイントについても事前に考えを用意しておかないと満足いく環境構築ができない場合もあるので気をつけるようにしたいものです。